2016年9月22日木曜日

15.6インチでなんと980グラム!日本ではアプライドで先行デビュー!

驚きのノートパソコンより~
LGが素晴らしい製品で日本のノートPC市場に参入しました。
15.6インチサイズでありながら重量わずか980 g
(世界最軽量)
と、モバイルノートの常識をくつがえすようなものです。
名称は「LG gram」で、最新の技術がふんだんに盛り込まれています。

r
y
t
◆ スペック ◆
OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Core i5-6200U
RAM: 8GB
ストレージ: SSD 256GB
ディスプレイ: 15.6インチ (1,920 x 1,080)
ネットワーク: 802.11ac、Bluetooth 4.0
カメラ:  HD(720 p)Webカメラ
ポート: USB 3.0 Type-C、USB 3.0 × 2、USB 2.0、HDMI、microSD、オーディオ
バッテリー稼働時間: 約7時間
サイズ: 357.6 × 228.4 × 16.8 mm / 980 g

15.6インチサイズで980 gというのがこの製品の最大のポイントではありますが、
それ以外のスペックも十分に高いですね。CPUはCore i5ですし、RAMは8GB、
ストレージは256GBとビジネスマシンとしての水準は軽くクリアしています。
またディスプレイもIPS液晶でFHD(1,920 × 1,080)と高品質です。
入出力ポートはUSB Type-Cを装備しているほか、合計で3つのフルサイズUSB
ポートがあり、当然HDMIもついています。
有線LANポートはありませんが、かわりにUSB Type-CとLAN(RJ45)の
変換コネクターが付属します。あとはD-subくらいかな、と思いますが、
厚さ16.8 mmなので、そううまくは行かないですかね。

しかしまあ、このサイズ感は異次元ですね。タテ・ヨコサイズは大きいものの、
980 gなら余裕で持ち歩けますもん…。

u
ベゼルが非常に細く、ベゼル幅わずか6.7 mmということです。
これにより、筐体サイズが小さくなり、デザイン性も高まります。
i
サイドビューです。ヒンジ部分に少しだけアクセントがありますが、
癖がない、いい筐体だなあ、と思います。
o
キーボードです。15.6インチなのでテンキーがついていますが、
ちょっと狭苦しいように見えますね…。
ただし、テンキーが狭苦しいということは、それ以外のキー配列にゆとりが
ある、ということも言えそうです。またキートップは中央部分がくぼんだ
デザインになっていますね。
p
ポート類はこんな配置です。USBポートも両側面にバランスよく配置されています。
このほか、ブルーライトカット機能やインスタントブーティング機能
(PCを開くだけで自動的にシステムが起動する)がアピールされていました。
a
何度も伝えますが、これだけの性能と機能が付きながら、
15.6インチサイズでありながら重量わずか980 g(
世界最軽量)と、モバイルノートの常識をくつがえすようなものです。
この秘密は素材にあるようです。

LG gram 軽量化のヒミツ
ボディには航空宇宙素材やスーパーカーなどで使用される各種マグネシウム合金
を採用することで、頑丈でありながら軽量化を実現しているようです。
なんかすごい!!!!
ではここで、これをみればさらに魅力が沸いてくる動画をお見せしましょう!



video



この話題のLG gramは9月27日から全国で発売されますが、発売店舗は全国でごくわずか!
アプライドではなんと先行で9月24日(土)に各店舗にてお披露目です。

売価は税抜き129,800円となっています。まずは日本のノートPC市場に新しいメーカーが
参入したということを喜びたいですし、この製品も個性的で素晴らしいと思います。
モバイルノートといえば日本では13.3インチまで、というのが一般的だと思うのですが、
最近はLenovoあたりから14インチのものも出てきていますし、ついに15.6インチで
容易に持ち運べる製品が登場してしまいました。

できれば早めに各アプライド店舗にて実機に触ってその良さを実感していただきたいと思います。
LGのホームページにもアプライドの名前が上がっています。
http://www.lg.com/jp/pc/lg-15Z960-G

是非今週末はアプライド全店にてみなさまのご来店をお待ちしております!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿